マルチエフェクター

ディジテック RP500 レビュー

投稿日:2017年1月3日 更新日:

ディジテック(Digitech) RP500のレビューです。

概要:4.5★★★★

•長所:アンプ、キャブ、エフェクトの巨大な配列。頑丈なビルドと洗練されたデザイン。
•短所:ドラムマシンの欠如はわずかな欠点です。
•全体:ハイエンドのギターリグを完全に交換するわけではありませんが、RP500は予算上の柔軟性を求めるギタリストにとって最適な選択肢です。

Digitech RP500 デモ

フルレビュー

ここ数年の間、DigiTech社は、ギタリストが必要とするものに応える偉大な価値のあるマルチエフェクトユニットを提供したという評判を得ています。 RPシリーズの2番目に大きなペダルであるRP500も例外ではありません。 DigiTechによるRP500のデザイン思想は、マルチエフェクト・ユニットのフル・フェッジ・スイッチング・システムの多様性を他のペダルのアレーと一緒に簡単に使用できるようにすることです。今日、DigiTech RP500の長所と短所を詳しく見ていきます。

作り

DigiTechは、道にふさわしいペダルを構築することで知られており、RP500はこの点で不十分ではありません。ペダルの外側のケーシングは完全に金属で、道路上でかなり厳しい扱いを受けることができるように感じます。ツアーやギグを一貫してギタリストに提供することは絶対必要です。ペダルの9つのフットスイッチも金属製であり、重厚な踏み込みが可能です。

この点に関する唯一の欠点は、LEDディスプレイの下にある6つのコントロールノブがプラスチックでできていて、あまりにも硬く押し当てると破損するように見えることです。しかし、DigiTechの設計者は、LEDディスプレイと6つのコントロールノブを慎重に保護しています。

サイズに関しては、RP500はどんな小さなペダルでもありません。しかし、長さが19.5インチ、幅が8.6インチの場合でも、モノリスではありません。正直言って、ギターのテクニックやクルーを雇う予算がないギタリストにとっては、大規模なペダルボードを耳に張り、実際にはかなり便利です。

インタフェース

RP500のデザインとインターフェースは、洗練されたスタイリッシュです。しかしもっと重要なのは、使い方が簡単だということです。 RP500が最初のマルチエフェクトユニットであっても、このペダルを差し込んで数分以内に演奏を開始できる可能性があります。

ペダルのインターフェースには、かなり明るい赤色のLEDディスプレイと、プレーヤーが様々なプリセット編集オプションを簡単にナビゲートできる「マトリックス」ディスプレイが含まれています。まず、最初の2つのコントロールノブを左から使い、あらかじめプログラムされたトーンやエフェクトをブラウズして選択し、残りの4つのコントロールノブを使用してさまざまなパラメーターを調整することができます。

RP500のもう一つの大きな特長は、「ペダルボードモード」でストンプボックスのラインとして使用できることです。 「ペダル・ボード・モード」に切り替えることは、小さなボタンを押すのと同じくらい簡単で、プレーヤーは5つの異なるエフェクトをペダルの5つのフットスイッチに割り当てることができます。これにより、プレイヤーはRP500を既存のペダルボードに簡単に統合することができます。また、曲ごとにわずかなエフェクトしか使用しないプレーヤーにも最適です。 「プリセットモード」では、5つのフットスイッチに5つの異なるプリセットを割り当て、上下のフットスイッチを使ってさまざまなプリセットバンクを切り替えることができます。

RP500は、兄のRP1000と同様に、プレイヤーに合計200(100の工場製、100個のユーザー割り当て)のプリセットを提供します。工場で作られたさまざまなプリセットは、サウンドとスタイルで分類されており、多くの初心者のギタリストにとって最適な出発点です。しかし、実際にこのペダルを最大限に活用するには、独自のサウンドを実現するために、自分のプリセットを試して微調整するのに数週間以上かかることをお勧めします。

カスタムプリセットを作成する際には、Marshall、Fender、Mesa-Boogie、Laney、Orangeのようなメーカーからのクラシックアンプモジュレーションを2ダースから選ぶことができます。 DigiTechはまた、Tweedバックエンドに対応したFender Blackfaceフロントエンドのような、数十種類のカスタムアンプ内蔵変調器を投入しました。 RP500には22種類のキャビネットモデルも用意されています。

RP1000のように、RP500はAudioDNA2処理を使用しているため、これらのアンプとキャブ変調の音質は非常に優れています。しかし、これらのアンプの100%正確な音色表現ではなく、オリジナルのダイナミクスと多様性が欠けていることがあります。アンプ/キャビネットのコンボをお持ちの場合は、ペダルのアンプとキャブのモジュレーションを完全にバイパスして、より良い音色を作り出すことができます。

DigiTechには、18種類のディストーション、3種類のワウ、ディレイ、リバーブ、コンプレッサー、トレモロ、コーラスなどの77種類のエフェクトが含まれています。

その他の機能

RP500には、¼インチステレオ出力、2つのXLR出力、補助入力、ヘッドホンジャック、USBポートがあり、DigiTechのコンピュータ経由での簡単な録音やトーン編集が可能ですX-Editソフトウェア。ペダルには、非常に便利な20秒のルーパーが付いています。このルーパーは、上のフットスイッチを押し続けることでスイッチを入れることができます。 RP500がほとんどのDigiTechのローエンドペダルに含まれているドラムマシンに搭載されているという事実ですが、ちょっとした欠点です。

結論

RP500はハイエンドのギターリグを完全に代用するものではありませんが、ギタリストの予算に多大な多用途性と価値を提供するペダルです。

機材・エフェクターの購入にサウンドハウスや石橋楽器が便利です!

エフェクターを含めた楽器機材を通販で購入する場合は、サウンドハウスや石橋楽器が便利です。

サウンドハウス

サウンドハウスは楽器関連の通販サイトの大手です。ベリンガー、Carvin、Celestion、TC Electronicなどの代理店も務めており、品ぞろえが非常に豊富です。通販専門だけあって、機材を通販で購入する場合は非常に強いです。

サウンドハウス

石橋楽器

イシバシ楽器は、品最大級の楽器専門店です。実店舗を多数持っていることもあり、中古商品の在庫が非常に豊富というのも強い点です。価格を抑えたい場合は一度チェックしてみるのも良いと思います。

-マルチエフェクター

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA