マルチエフェクター

ローランド GR-55 レビュー

投稿日:2017年1月2日 更新日:

ローランド(Roland) GR-55のレビューです。

概要:4★★★★

•長所:市販されているギターシンセの中で最も低いレーテンシーです。
•短所:マニュアルでしばらく時間を費やしています。
•全体:あなたのホームスタジオに革命を起こす可能性のある素晴らしい技術です。

ローランド GR-55 デモ

完全なレビュー

まず、ローランドGR-55はマルチFXフロアボードではなく、ギターシンセサイザーであることを理解することが重要です。あなたがそれを使用しようとしているかどうかに応じて、この製品があなたに合っているかどうかに大きな影響を与えます。

確かに、それはデザインになると、ライブフロアボードとしての使用を考慮して開発されていません。むしろ、外部機器を駆動するための完全な機能を備えたMIDIインターフェースを備えたホームスタジオ市場を目指しています。

重要なのは、ギターだけではこのユニットを使用できないことです。シンセサイザー入力を操作するために特別に設定されたギターが必要です。これは、特別なピックアップとケーブル構成を意味します。

だから、これがあなたが探しているものでなければ、他のフロアボードのレビューのうちの1つに頭を上げてください。

この世の響き

しかし、ギター・シンセサイザーを探しているなら、Rolandは確かにこの分野で多くの専門知識を持っており、GR-55は6弦(または4弦)を変換する際に必要なものすべてを提供できるはずです)を真のオーケストラに捧げる。

GR-55は2つの異なるセクションでこれを行います。まず、テレキャスター、ストラトキャスター、クラシック、レスポールなどのさまざまなタイプのギターをエミュレートするCOSMセクションがあります。次に、信号を操作して整形するためのメインシンセセクションがあります。

Roland GR-55は両方の面で非常に優れた性能を発揮します。しかし、GR-55が競合他社に乗って飛ぶ色を出すもう一つの理由があります。 RolandはGR-55を内蔵しています。つまり、文字列を打ってスピーカーから出てくる処理音までの待ち時間が無駄になります。実際には、可能な限りリアルタイムでプレイします。それはギター・シンセサイザーの場合、大きくて大きなプラスです。

Tech Headsのための1つ

非常に複雑な技術であるため、GR-55はすぐに操作できるものではありません。さらに、それが正しく設定されていない場合、それは騒々しいことがありますので、判断を通過する前にマニュアルを通過する時間を取る。もしあなたがそうしたら、すぐにこのマシンはあなたが思いつくことのできる音を作ることができます。

アンプ・モデリングは、ギター用の他の専用モデラーほど本物ではありません。この種の機能を他の場所で探すのがベストです。しかし、それはGR-55のすべてではありません。これはギター・シンセサイザーであり、AC / DCカバー・バンドで演奏する場合には使用しません。

要約すると、Roland GR-55はすばらしい機器であり、ホームスタジオのセットアップに最適なものになります。あなたは想像力に限界があります。

機材・エフェクターの購入にサウンドハウスや石橋楽器が便利です!

エフェクターを含めた楽器機材を通販で購入する場合は、サウンドハウスや石橋楽器が便利です。

サウンドハウス

サウンドハウスは楽器関連の通販サイトの大手です。ベリンガー、Carvin、Celestion、TC Electronicなどの代理店も務めており、品ぞろえが非常に豊富です。通販専門だけあって、機材を通販で購入する場合は非常に強いです。

サウンドハウス

石橋楽器

イシバシ楽器は、品最大級の楽器専門店です。実店舗を多数持っていることもあり、中古商品の在庫が非常に豊富というのも強い点です。価格を抑えたい場合は一度チェックしてみるのも良いと思います。

-マルチエフェクター

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA