マルチエフェクター

ライン6 M13 レビュー

投稿日:2017年1月2日 更新日:

 ライン6(LINE6) M13のレビューです。

概要:4★★★★

•利点:109のエフェクト(同時に4つまで)、ハンズフリー操作のための15のフットスイッチ、48のメモリースロット(各12のエフェクトを格納)、およびオンボードルーパー。
•短所:いくつかの効果は失望している。インタフェースのマイナーな問題。
•全体:エフェクターマニアのための完璧なMシリーズペダル:汎用性、機能性、機能満載、耐久性。

LINE6 M13 デモ

フルレビュー

Line 6のM5とM9のストンプボックスモデラーは、平均のギタリストを多く提供しています。

エフェクトは豊富で、(M9では)フットスイッチが足りないため、十分なフットスイッチがあります。それは家族の大きな男の子で、15フットスイッチと最大4つの同時エフェクトを詰め込んでいますが、それも最も高価です。

しかし、Line 6の独自のPOD HDラインとまだ競合するM9は、ZoomのG5などの他のメーカーの製品を検討する前に、M13は購入に値するものがたくさんあります。

特徴

M13は巨大です。前後に15フィート、左右に15フィート、重さは10ポンドです。しかし、このスペースはすべて、5つの列に15のフットスイッチが配置されています。左の4つの列は、基本的に4つの可変ストンプボックスとして機能し、それぞれに6つのダイヤルがある独自のLCDディスプレイ画面を備えています。各列には、 “A”、 “B”、 “C”スイッチに3つのエフェクトを割り当てることができます。これらのスイッチは、適切なスイッチをタップすることで切り替えることができます。 (アクティブエフェクト用の)パラメータ調整は、各画面の下にある6つのダイヤルのうちの5つで処理され、LCDディスプレイ上の対応する場所に表示されているパラメータが調整されます。

いつでもM13に12個のエフェクトをロードすることができます。また、選択したパラメータとともにこれらのエフェクトはすべて「シーン」メモリスロットに保存されます。あなたは48のシーンを完全に持つことができます。これはあなたの足に完全にストックされたペダルボードを48個持っているようなものです。一度に各コラムから1つのエフェクト(同時に最大4つまで)を作成することができ、12のシーンのみがハンズフリーにアクセスできるため、いくつかの制限があります(右上の「シーン」スイッチはエフェクトがシーン選択スイッチ)、これらはほとんどのギタリストにほとんど影響を与えません。

M13には109の異なる効果がありますが、これは小さいM5とM9と同じ補色ですが、確かにすべての基底をカバーしています。 19のディレイとエコー、23のモジュレーションエフェクト(コーラス、フランジャーとフェイザーを含む)、12のコンプレッサーとEQ、17種類のディストーション、12のリバーブ、26のフィルター(ワウを含む)があります。これらはすべて、Ibanez Tube Screamer、Binson EchoRec、Mu-Tron IIIエンベロープフォロワーのようなおなじみの名前を持つクラシックなストンプボックスのエフェクトと、多くのLine 6のクリエーションに基づいています。あなたはあなたのシーンに好きなものを手配することができますので、あなたは4つの同時効果でかなり創造的になることができます。

ライン6は、Mシリーズのエフェクトを色分けして、アクティブ化、非アクティブ化、編集を一目でわかりやすくします。たとえば、フットスイッチの上に緑色のライトが表示され、黄色のディストーションが表示されるので、間違ったタイプのエフェクトを誤ってアクティブにすることはありません。また、LCD画面には、現在アクティブなエフェクトの適切な色が点灯するため、パラメータの調整対象を常に知ることができます。

特定のフットスイッチに割り当てられているエフェクトを変更したい場合は、各ディスプレイ画面の左上のダイアルを押してエフェクトのタイプを切り替え、選択したグループの特定のサウンドをブラウズします。ダイヤルはフットスイッチから金属製のバーで分けられています。これにより、誤って足でキャッチしないようにしています。ロードした特定のエフェクトまたはそのパラメーターを変更すると、すべてが自動的に保存されます。

M13には28秒のモノラルルーパも含まれています。中央ルーペの右端にある「Looper Controls」スイッチを使ってアクティブにすることができます。これにより、スイッチの下の2つの行がオプションとして「レコード/オーバーダブ」、「再生/停止」、「元に戻す」、「1回再生」、「半速度​​」、「後退」および「前/後」のルーパ制御に変わります。マルチエフェクトユニットのオンボードルーパーでは、コア機能(録音、オーバーダビング、演奏、停止)がすべて期待できますが、アンドゥ/リドゥ機能とクールなエキストラ(M13(およびM9)競合他社に先んじる「Pre / Post」オプションでは、エフェクトが適用される前後にループを設定することもできます。

接続性のために、M13にはステレオ1/4インチのイン/アウト、エクスプレッションペダル用の2つのスポット、ステレオFXループ、MIDIイン/アウトがあります。これはさまざまなオプションがありますが、新しいペダルを使用すると、USB経由でコンピュータにサウンドを書き出すことができますが、ギタリストの大多数にとってはここで十分です。

どのように比較するのですか?

M13には何も戻っていません。フットスイッチの数が多く、幅広いエフェクトと頑強なビルドを備えているため、定期的にエフェクトを使用するミュージシャンを魅力的に演奏することができます。フィートだけで12種類のエフェクトを含む12種類のペダルボードを持ち出すことができます(つまり、Mシリーズの各エフェクトを1つずつ使用しても35種類のスペアがあります)、カラーコーディングシステムと専用のダイヤルできるだけ簡単に(エクスプレッションペダルの使用を除いて)、フライの変更を行います。あなたが12以上のデジタルペダルボードを必要とするほど多くのエフェクトを使用する場合、12の4つのグループの別のものにアクセスするために必要なのは、曲の間でダイヤルを回すことだけです。

専用のディスプレイ画面はすばらしいものですが、ちょっと小さいと言わざるを得ません。また、あなたが立ち上がった場合、特にスポットライトがあなたを倒している場合は、現在選択されているエフェクトの名前を読むのが難しい場合がありますまたはパラメータオプションを使用します。色はこれを助けますが、画面は少し反射しています。あなたが不幸な角度にいると、スポットライトが溺れる可能性があります。ほとんどの場合、すべての設定が完了しますので、セット中にあまりにも多くのものを扱う必要はありませんが、ダイヤルが少し近づいていれば何が起こっているのかが分かりやすくなります。わずかに大きくなる可能性があります。

マルチエフェクトユニットに精通していれば、M13は非常に使いやすく、多くの人がマニュアルを見ていなくても行くことができます。あなたのサウンドを徹底的にコントロールしたい場合は、マニュアルで少し時間を費やす必要があるかもしれませんが、読んでもかなり簡単ですし、M13でできることを実際に把握するのに時間がかかり過ぎてはいけません。

M13のすべてのMシリーズに共通の問題がいくつかあります。エフェクトモデルは概ね優れていますが、一部は少し不足しています。高ゲインの歪みは区別がつきにくく、Tube Screamerのような特定のオプションは特にうまくキャプチャされません。さらに、フィルタ効果は扱いにくい可能性があるため、控えめに組み合わせて使用​​するほうがよいでしょう。

M13は素晴らしいペダルです。カジュアルなプレイヤーにとっては、M9との類似点を考えれば、小さなモデルにはまったく満足しているかもしれません。また、G5のようなオプションは、同時効果のためにそれを上回ります。さらに、Line 6独自のPOD HDシリーズにはアンプ・モデルも含まれているため、簡単に選択することはできません。 M13が紙に提供するものに満足していて、余分な同時効果が必要な場合は、いつでもより多くのストンプがアクセス可能で、ストレージスペースが増え、フライ編集が簡単になります。それができることに失望した。それはより現代的なユニットに取って代わられたかもしれないが、価格が下がっていくにつれて、M13はエフェクトの渇望のギタリストギタリストにとってより良い、より良い取引になっている。

機材・エフェクターの購入にサウンドハウスや石橋楽器が便利です!

エフェクターを含めた楽器機材を通販で購入する場合は、サウンドハウスや石橋楽器が便利です。

サウンドハウス

サウンドハウスは楽器関連の通販サイトの大手です。ベリンガー、Carvin、Celestion、TC Electronicなどの代理店も務めており、品ぞろえが非常に豊富です。通販専門だけあって、機材を通販で購入する場合は非常に強いです。

サウンドハウス

石橋楽器

イシバシ楽器は、品最大級の楽器専門店です。実店舗を多数持っていることもあり、中古商品の在庫が非常に豊富というのも強い点です。価格を抑えたい場合は一度チェックしてみるのも良いと思います。

-マルチエフェクター

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA