洋楽

エリック・ジョンソン 使用機材・エフェクター

投稿日:2015年3月11日 更新日:

エリック・ジョンソン(Eric Johnson、1954年8月17日 – )は、アメリカテキサス州オースティン出身のギタリスト、作曲家、音楽家。

ロックやジャズ、ブルースといった音楽を取り込み、それを消化した独特の曲調、プレイが大きな特徴。グラミー賞を受賞した「Cliffs of Dover」などに代表されるように、美しいコード進行とメロディーの曲が多い。
トーンに凄まじいまでのこだわりを見せる。実際にそのトーンに対する評価は、歪ませた音でもクリーントーンでも高く、彼の音色をお手本としているギタリストも多い。過去のギター雑誌等でのインタビューでも細部の細部にまで至るこだわりについて述べている。曰く、「エフェクターは(ACアダプタでなく)電池駆動、その電池もメーカーはデュラセルのものに限る(メーカーごとの違いを聞分けられるらしい)」「エフェクターも電気が流れている以上、電波が出てるからボードの上での置く位置にも気を付けないといけない(各エフェクトごとに固有の電界があるため、相互干渉で音が変わらないようにすると言う意味)」「ライブで機材を組み立てる時に最初にすることは、エフェクターを乗せるベニヤ板を、どっちを表にするか裏にするかだ。それによって音色が変わってくるんだよ」とのこと。

それでは、以下機材・エフェクターを見ていきましょう

使用エフェクター

– Chandler Tube Driver

– Dunlop Eric Johnson signature Fuzz Face

Dunlop Dallas Arbiter Fuzz Face

– Dunlop Original CryBaby Wah

electro-harmonix Deluxe Memory Man Tap Tempo 550

– TC Electronic TCF Chorus Flanger

– Maestro Tube Echoplex Tape Delay / Echo

– MXR 1500 Digital Delay

Xotic Effects AC Booster

– Toadworks Barracuda flanger

Ibanez Tubescreamer Overdrive TS808

– Boss DD-2

使用ギター

– Fender Stratocaster (Fender USAのストラトキャスターを非常にたくさん所持しています)
– Fender Stratocaster ’57

– Fender Eric Johnson RW Stratocaster

– Fender Artist Series Eric Johnson Stratocaster

– Gibson ES-335 (1964)

– Gibson Les Paul

– Gibson SG

– Gibson Flying V

– Martin Eric Johnson MC-40

アンプ&キャビネット

– Eminence speaker EJ1250 – Eric Johnson signature

– Fender Deluxe Reverb Blackface 1×12(2つ)

– Fender Twin Reverb blackface

– Fulton-Webb (リズムギターで使用)

– Dumble (リズムギターで使用)

– Marshall Plexi 50W もしくは 100W (リードギターで使用)

– Marshall 1960A 、 1960B 4×12 キャビネット

– Celestion G12M

– JBL EON モニター(2つ)

– Mesa Boogie Mark II (過去に使用)

– Marshall JTM 45/100

弦・ピック

– GHS Eric Johnson 弦

– Dunlop Eric Johnson シグネイチャーピック (Jazz II red ナイロンピック)

end

機材・エフェクターの購入にサウンドハウスや石橋楽器が便利です!

エフェクターを含めた楽器機材を通販で購入する場合は、サウンドハウスや石橋楽器が便利です。

サウンドハウス

サウンドハウスは楽器関連の通販サイトの大手です。ベリンガー、Carvin、Celestion、TC Electronicなどの代理店も務めており、品ぞろえが非常に豊富です。通販専門だけあって、機材を通販で購入する場合は非常に強いです。

サウンドハウス

石橋楽器

イシバシ楽器は、品最大級の楽器専門店です。実店舗を多数持っていることもあり、中古商品の在庫が非常に豊富というのも強い点です。価格を抑えたい場合は一度チェックしてみるのも良いと思います。

-洋楽

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA