エフェクター固定のいろは

エフェクターをエフェクターボードに固定・取り付け方法を、画像付で解説していきます。

固定方法

ウレタンマットを蓋に押し込むエフェクター固定方法

投稿日:2018年6月3日 更新日:

エフェクターをエフェクターケース(エフェクトボード)に固定する際に、低反発ウレタン等の緩衝材を使う方法を見て行きたいと思います。

蓋に押し込むだけ!他の固定方法と併用できる超手軽な固定方法

低反発ウレタンをエフェクターの蓋に敷き詰め、ウレタンの圧力でエフェクターを押さえつけるといういたってシンプルな方法です。

エフェクター固定方法の中で一番楽ですが、固定力は基本的にあまりよくありません。

また、エフェクター自体はケースに固定されていませんので、演奏時にエフェクターを何回も踏んでいると位置がずれていく可能性があります。

基本的には他の固定方法と組み合わせて導入するのがベストです。

その場合、例えばマジックテープでもかなりしっかりと固定してくれる固定方法に早変わりです。

○メリット

  • 固定するための作業がさまざまな固定方法の中で一番楽
  • エフェクターの配置換えが楽
  • 他の固定方法と併用が可能
×デメリット

  • 強い衝撃に弱い
  • エフェクターそのものがケースに固定されているわけではないので、演奏時に位置がずれる可能性がある

ホーザンの緩衝ウレタンがおすすめ

必要なものは低反発ウレタン等の、蓋を閉めたときにエフェクターの形に沿って凹んでくれる素材のものです。

低反発材は薄いものが多いので、なるべく厚いものを選びましょう。エフェクターを押さえつける必要があるので、ある程度の厚さが必要です。

緩衝ウレタンですが、ホーザンのB-89なんかがおすすめです!。

厚みが足りない場合は、同じくホーザンのB-88のようなものを間に挟んであげればOKです。

エフェクター固定方法一覧

マジックテープ固定

メッシュパネル固定

ペダルトレイン

スポンジゴムの切り抜き

緩衝ウレタンを蓋に押し込み

金具(豆カン)を使った固定

プロアーティストの使用機材はこちら!

当サイト「エフェクター固定のいろは」は、プロアーティストの機材をまとめたサイト「あのアーティストのエフェクターは何!?」の別館サイトです。

実際にあのギタリストはどんな機材を使っているのだろうかなどの参考になると思われますので、こちらも合わせて是非ご覧になってください!

-固定方法

error: Content is protected !!