マルチエフェクター

ディジテック RP360/XP レビュー

投稿日:2017年1月3日 更新日:

ディジテック(Digitech) RP360/XPのレビューです。

概要:4★★★★

•長所:頑丈なビルド、洗練されたスタイリッシュなデザイン、使いやすいインターフェース、多彩な階調性。
•短所:高ゲイン・アンプ・モジュールは、トーン・ダイナミクスの点で時にはヒットしミスすることがあります。
•全体:多用途性と価値の両方を提供するペダル。

フルレビュー

何年もの間、マルチエフェクトプロセッサーはギター界の興奮している失望から、ギタリストの装備のシリーズになることになってしまった。

そして、ここ数年、DigiTechはマルチエフェクトプロセッサ市場において、使用しやすく、手頃で多目的なギタリストユニットを提供する重要なプレーヤーです。

今日は、DigiTechのRP360とRP360XPの象徴的なRPシリーズへの最新のアップグレードを見ていきます。どちらも重大な影響と機能を手軽なサイズのパッケージにまとめています。

作り

この日および年齢では、音楽機器の最も重要な側面の1つは移植性です。

文字通り世界にギタリストはいませんが、セットアップや分解に悪影響を与えるサイズの大きいマルチエフェクトプロセッサーを耳にしたいのです。これは、DigiTechが遅れて注目しているように見える分野の1つです。

RP360XPは2つのうち大きい方ですが、わずか11.5 “X 8.5″で、重さはわずか4ポンドを少し上回り、ほとんどのギグバッグに簡単に収まります。

RP360のオールメタルケーシングも非常に頑丈で、ペダルはステージや路上での最も激しい扱いにも耐えられるように見えます。

インタフェース

RP360のもう一つの重要な改良点は、洗練されたデザインと最小限のレイアウトです。私たちが懸念している限り、操作するのが混乱する悪夢であれば、ペダルがどれだけ素晴らしいかは関係ありません。そして、RP360はこの前面にうまく勝ちます。ペダルのミニマルなレイアウトはスタイリッシュで洗練されているだけでなく、マルチエフェクトプロセッサの初めてのユーザーであっても、操作が非常に簡単です。プリセットを選択するのは、LCDディスプレイの右側にある「選択」ノブをねじるだけです。

また、プリセットの編集や構築はほとんどの初心者にとって難しい課題のように思えるかもしれませんが、RP360の簡素化されたオペレーティングシステムはこれを簡単に学ぶことができます。プリセットを編集または構築するには、単に「選択」ノブを押し続けるだけです。これにより、プリセットでアクティブなアンプ、キャビネット、エフェクトを示す信号チェーンダイアグラムが開きます。プリセット・プレイヤーのこれらの面を変更するには、「選択」ノブを回して変更したい信号チェーンのアスペクトを選択するだけです。信号チェーンの一面が選択されると、LCD画面の下部にある3つの調整ノブを使用して、プレイヤーはエフェクトのさまざまなモジュールとパラメーターを調整できます。

RP360には2X2 USB接続機能があり、プレーヤーはペダルをMacやPCに接続したり、DigiTechのフリートーン編集ソフトウェア「Nexus」を使ってトーンを編集して共有することができます。

RP360のもう一つの素晴らしい点は、3つの異なるフットスイッチモードで使用できることです。プリセットモードでは、AとBフットスイッチでペダルのさまざまなエフェクトをスクロールし、Cフットスイッチでペダルのループ機能をコントロールできます。これは通常、自宅でジャムやリハーサルをしたり、スクロールしてさまざまなプリセットを試したりするときに便利です。バンクモードでは、3つのフットスイッチに3つのプリセットを割り当てることができ、演奏のために少々異なるサウンドが必要な場合に最適です。 Stompモードでは、プリセット内で3つのエフェクトをオンまたはオフに切り替えることができます。これは、はるかに大きなペダルボードの一部としてRP360を使用する予定のプレイヤーには最適です。例えば、ディストーション、ディレイ、EQペダルを別途購入する代わりに、ギタリストはRP360の3つのフットスイッチにこれらの3つのエフェクトを割り当て、ペダルボードに即座に追加することができます。

DigiTech RP360とRP360XPはともに、198個の保存済みプリセット(99個の工場割り当てプリセットと99個のユーザー作成プリセット)の容量を持っています。工場出荷時に割り当てられているプリセットには、U2、Led Zeppelin、Metallica、Minus The BearやSilversun Pickupsのようなバンドまでモデル化されたトーンが含まれています。ギター演奏の人口のわずか1%しか使用しないような音色もあります。したがって、自分のプリセットを作成するのがあまりよくない初心者であっても、自分の演奏で使うことができるプリセットを少なくとも12個見つけられる可能性があります。

独自のプリセットを作成する場合、RP360は包括的なアンプ、キャビネット、ストンプボックスを提供します。アンプルのペダルには、Marshall、Vox、Laney、Mesa Boogie、Orangeなど27種類のクラシック・アンプと27のキャビネットのモジュレーションが含まれています。
ここで言及する必要がある若干の欠点は、アンプモジュールの中には時にはヒットしミスするものがあることです。例えば、より高いゲインのアンプの中には、ダイナミックに聞こえないものがあります。しかし、それは27キャビネットから選択すると、ほとんどの場合、それらの大部分からまともな音を得ることができます。

RP360の86個のストンプボックスは非常に包括的で、優れたディストーション、フランジャー、コーラス、ディレイ、EQ、リバーブのオプションが含まれています。また、RP360XPでは、ペダルのエクスプレッションペダルを割り当てて、エフェクトパラメーターの数だけでなく、ワウワウ、ワミー、ボリュームなどの従来のエクスプレッションをコントロールすることもできます。

その他の機能

RP360とRP360XPには、USB接続、AUX入力、ヘッドホン出力、60トラックドラムマシン、内蔵チューナーなどの追加機能が搭載されています。

ただし、DigiTechの商標である「サウンドチェック」機能は、さまざまなエフェクトやパラメータを微調整しながらフレーズをループさせることができ、完璧なトーンを達成するのにかかる時間を短縮できます。

結論

$ 250以下では、RP360とRP360XPは絶対にお金のために重大な価値を提供する2つのペダルです。

ペダルのアンプ・モジュレーションのいくつかは、何かを残すことができますが、エフェクトやキャビネットのオファーやペダルの使いやすさの多さは、その欠点を補っています。

機材・エフェクターの購入にサウンドハウスや石橋楽器が便利です!

エフェクターを含めた楽器機材を通販で購入する場合は、サウンドハウスや石橋楽器が便利です。

サウンドハウス

サウンドハウスは楽器関連の通販サイトの大手です。ベリンガー、Carvin、Celestion、TC Electronicなどの代理店も務めており、品ぞろえが非常に豊富です。通販専門だけあって、機材を通販で購入する場合は非常に強いです。

サウンドハウス

石橋楽器

イシバシ楽器は、品最大級の楽器専門店です。実店舗を多数持っていることもあり、中古商品の在庫が非常に豊富というのも強い点です。価格を抑えたい場合は一度チェックしてみるのも良いと思います。

-マルチエフェクター

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA