洋楽

[ディープ・パープル] スティーヴ・モーズ 使用機材・エフェクター

投稿日:2016年7月15日 更新日:

スティーヴ・モーズ(Steve Morse) は、アメリカ合衆国出身のロック・ギタリスト。
1994年、リッチー・ブラックモアが脱退後、ディープ・パープル(Deep Purple)からの勧誘を受けて加入。ワールド・ツアーの後、1996年の『紫の証』から現在まで全てのアルバムをメンバーと共作している。また、スティーヴ・モーズ・バンド、ディキシー・ドレッグスでの活動も並行している。
2003年にはディープ・パープルの人脈関係にあるボブ・ディズリーのグループ、リヴィング・ラウドに参加、2006年にはイアン・ギランのアルバム『ギランズ・イン』でグー・グー・ドールズのジョン・レズニックと共演している。

それでは、以下機材エフェクターを見ていきましょう

エフェクター

画像は2011年時

– ENGL フットスイッチZ9

– アーニーボール ボリューム・ペダル(ロングディレイ、ショートディレイ、US600それぞれに使用。)

– ニューマン FX システム ジャンクションボックス VBP-1

– tc electronic polytune

– keeley Compressor

– Bringette スルーボックス

– tc electronic FLASHBACK (2台)

– tc electronic HALL OF FAME

– ベリンガー US600 ULTRA SHIFTER HARMONIST

使用ギター

– Ernie Ball Music Man Steve Morse
– Ernie Ball Music Man Steve Morse SM-Y2D

アンプ&キャビネット

画像は2011年時

– ENGL E-656 Steve Morse シグネチャー

– ENGL E670 Special Edition ヘッドアンプ

– ENGL E645

– ENGL PRO Slanted E412 VS キャビネット

– Peavey 5150

– Marshall Jubilee

– Peavey VTM120

– Ampeg V4

その他

– ピック アーニーボール ティアドロップ ミディアム

– 弦 アーニーボール スーパースリンキー(レギュラーチューニング)

– 弦 アーニーボール レギュラースリンキー(ドロップD)

機材・エフェクターの購入にサウンドハウスや石橋楽器が便利です!

エフェクターを含めた楽器機材を通販で購入する場合は、サウンドハウスや石橋楽器が便利です。

サウンドハウス

サウンドハウスは楽器関連の通販サイトの大手です。ベリンガー、Carvin、Celestion、TC Electronicなどの代理店も務めており、品ぞろえが非常に豊富です。通販専門だけあって、機材を通販で購入する場合は非常に強いです。

サウンドハウス

石橋楽器

イシバシ楽器は、品最大級の楽器専門店です。実店舗を多数持っていることもあり、中古商品の在庫が非常に豊富というのも強い点です。価格を抑えたい場合は一度チェックしてみるのも良いと思います。

-洋楽

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA