洋楽

[ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン] マイケル・パジェット 使用機材・エフェクター

投稿日:2015年3月3日 更新日:

マイケル・パッジ・パジェット(Michael “Padge” Paget)は、メタルバンドのブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン(Bullet for My Valentine)のギタリスト。
前衛的なギタープレイを信条としており、『Scream Aim Fire』収録曲では度々活躍している。ジェイソン曰く「寡黙」。バンドでは最年長なのもあって、他のメンバーの相談相手になる事も多いという。
使用機材であるESP Michael Padget Vはかつてデイヴ・ムステインのシグネチャーモデルであったDV8をモチーフにしている。

それでは、以下機材・エフェクターを見ていきましょう

使用エフェクター

JIM DUNLOP SW-95/SLASH WAH

Ibanez Tubescreamer TS9

– Sound Sculpture ABCadabra midi a/b switcher

BOSS Noise Suppressor NS-2

– Ebtech hum eliminator

– Boss TU2 chromatic tuner

– Roland midi foot controller

– Furman power conditioner

– TC Electronic g-system ラック

– Zakk Wylde overdrive (Methods of Mayhem ツアーで確認)

– Line 6 POD X3 Pro

使用ギター

ESP Michael Paget V

EMG 81 (リア)

EMG 85 (フロント)

ESP LTD EC-1000 Vintage Black

– ESP Ninja Michael Amott Signature

– ESP Dave Mustaine + EMG 81 & EMG 60

– ESP Eclipse (vintage black、Trans Cherry のカラーを所持)

– ESP Explorer (black)

– Gibson Flying V (white)

– Gibson Explorer (2005年の download fest で使用)

– Jackson RR5 PRO

– Epiphone Zakk Wylde Les Paul Custom Bullseye

– Aria Pro II (はじめに使用していたギターの一つです)

– ESP SV

アンプ&キャビネット

– Peavey 6505 (ヘッドアンプ)

– Peavey JSX120 (ヘッドアンプ)

– Mesa Boogie Triple Rectifiers(2つ)

Roland JC-120 (クリーントーンで使用)

– Mesa 300W 4×12 キャビネット

弦・その他

– Ernie Ball .010-.052、.052 の代わりに.056を使用

– Rotosound Blues 10-52、上と同様に.052 を .056に変えて使用

– Dunlop Nylon .73mm/.88mm ピック

– Sennheiser ew300 wireless unit

機材・エフェクターの購入にサウンドハウスや石橋楽器が便利です!

エフェクターを含めた楽器機材を通販で購入する場合は、サウンドハウスや石橋楽器が便利です。

サウンドハウス

サウンドハウスは楽器関連の通販サイトの大手です。ベリンガー、Carvin、Celestion、TC Electronicなどの代理店も務めており、品ぞろえが非常に豊富です。通販専門だけあって、機材を通販で購入する場合は非常に強いです。

サウンドハウス

石橋楽器

イシバシ楽器は、品最大級の楽器専門店です。実店舗を多数持っていることもあり、中古商品の在庫が非常に豊富というのも強い点です。価格を抑えたい場合は一度チェックしてみるのも良いと思います。

-洋楽

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA