マルチエフェクター

ボス ME-70 レビュー

投稿日:2017年1月2日 更新日:

  

ボス(BOSS) ME-70のレビューです。

概要

•長所:使いやすいアナログスタイルのインターフェイスと移植性。
•短所:専用の電源アダプタは付属していません。フットスイッチを使用してバンクをスクロールする2段階のプロセスは、ライブ状況では困難な場合があります。
•全体的:機能面で妥協のないコストパフォーマンスの高い実用的なペダルです。

BOSS ME-70 デモ

フルレビュー

ギター・マルチ・エフェクト・ユニットが登場する限り、機能性とシンプルさを効果的に組み合わせたユニットを見つけることはますます稀です。

しかしそれはまさにBOSSとRoland Companyが長年に亘って彼らのMEのペダルラインで努力してきたようだ。

そしてME-70では、BOSSのデザイナーたちは、マークを打つのにかなり近づいたようです。今日では、BOSSのME-70マルチエフェクトペダルについて詳しく見ていきます。

作り

BOSSが数十年前からギター・エフェクトのシーンの先頭に立っていたことは間違いありません。そして、その理由の1つは、耐久性のあるペダルを設計し続けているということです。それに直面するので、高価でかさばるペダルボードを持ち歩くという手間を迂回したいギタリストは、マルチエフェクトペダルの代わりにそれを取り巻くようにしたくない。 ME-70の外側ケーシングはほぼ完全に金属から作られており、ペダルはかなり頑丈な扱いができるように感じています。何かがペダルの唯一の弱点は、そのプラスチックのフットスイッチとノブです。しかし、これらはあまりにも薄弱に見えません。

約7ポンドで計量し、約15 X 9インチを測定するME-70は、どんな方法でもかさばるペダルではありません。そして、正直言って、本格的なペダルボードの周りを抱きついているのは確かです。ペダルは6本の単三電池で動くことができますので、持ち運びがとても簡単です。
しかし、ME-70には無料のバッテリーが付属していますが、ユーザーは別途電源アダプターを購入する必要がありますが、これは少しばかりです。

インタフェース

BOSSのMEシリーズペダルの素晴らしい点は、通常のストンプボックスチェーンのシンプルさと、マルチエフェクトユニットの機能性と多様性を組み合わせることです。 ME-70のインターフェースは、4つのフットスイッチで構成され、それぞれが圧縮、オーバードライブ/ディストーション、モジュレーションのエフェクトとディレイをコントロールします。また、ペダルのインターフェースの素晴らしい点は、各フットスイッチには、特定のエフェクトを選択して微調整するための一連のコントロールノブが付いた独自のストンプボックスのようなセクションがあることです。

ペダルのプリセットバンクをスクロールするための専用のフットスイッチがペダルにはないということです。プレイヤーは最初の2つのフットスイッチを同時に押さえて、最初の2つのフットスイッチでバンク選択を有効にする必要があります。これは、プレイヤーがさまざまなプリセットを流動的に切り替える必要があるような実環境では、非常に面倒です。 ME-70は、外部のフットスイッチを接続してバンクをスクロールするオプションをプレイヤーに提供しますが、ほとんどのプレイヤーはこれを不必要な費用とステージの不動産の浪費と考えています。

ME-70は、各フットスイッチがスタンドアローンのペダルとして機能する「マニュアルモード」で使用することもでき、プレイヤーはME-70を既存のリグに接続することができます。ペダルの別々のセクションを使ってエフェクトパラメーターを簡単に微調整できるので、実際にこのタイプのペダルには多くの意味があります。

ME-80と同じように、ME-70は、ワウやボイスのようなエクスプレッションベースのエフェクトやモジュレーションやディレイ・レートのコントロールにも使用できる頑丈なエクスプレッション・ペダルを備えています。

マルチエフェクト・ペダルで探しているものが、実用的なものからこの世界のものまで、色々な可能性を秘めていますが、BOSS ME-70はペダルではありません。しかし、あなたが望むものが実用的で機能的なマルチエフェクトペダルであり、本質的な効果を強く選択すると、このユニットはかなり機能します。

ME-70には、10種類の古典的なディストーション/ ODと10種類のモジュレーションエフェクトなど、包括的で実用的なBOSSエフェクトが用意されています。モジュレーションセクションは、ハーモナイザー、オクターブエフェクト、ペダルのメインディレイセクションとは別のディレイエフェクトをプレイヤーに提供します。これは、同時にまたは間欠的に2つのディレイをアクティブにするようなギタリストに最適です。また、ループ再生中にギターを遅らせることもできます。

ペダルのCOMP / FXセクションには、BOSSの象徴的な “スローギア”エフェクトも含まれています。これは、ピックアタックに基づいて自動的に音量が上がり、エクスプレッションペダルから音量ノブと足を離します。また、圧縮効果のサブセクションには、ハムバッカーをシングルコイルのように発音させる機能と、その逆の機能があります。しかし、BOSSは残念ながらME-50に含まれていた音響シミュレーター効果を取り除いています。

ME-70がME-50に勝る大幅なアップグレードは、別々のEQコントロールを備えた別々のプリアンプセクションです。アンプのモジュレーションはBOSSのCOSM技術を使用しており、ヘッドフォンや録音には非常に優れています。しかし、高音質アンプを所有している場合は、アンプ・モジュレーションをバイパスすることでより良い音色を得ることができます。

Me-70には36個のプリセットが内蔵されており、さらに36個分の余裕があります。それはまた、プレーヤーが音楽スタイルに基づいて一般的な音を選択し、その後、彼らの個人的な音色の好みに基づいて微調整することを可能にする “簡単なトーン”機能が付属しています。

その他の機能

BOSSのデザイナーがME-70に含まれていることに言及する価値のある特徴は、38秒のモノラル録音を可能にするフレーズルーパーです。

この機能は非常に使いやすく、プレイヤーはディレイエフェクトのセクションでそれを選択し、ディレイフットスイッチを使ってレコーディングを開始、停止、オーバーダビングする必要があります。

結論

今日市場に出回っている様々なマルチエフェクト・ペダルの複雑さと偏心に追いついて逃げ出したのは簡単です。

しかし、手頃な価格で機能的で使いやすいペダルには何かがあります。そして、BOSS ME-70は、確かにチェックアウトする価値のあるそのようなペダルの1つです。

機材・エフェクターの購入にサウンドハウスや石橋楽器が便利です!

エフェクターを含めた楽器機材を通販で購入する場合は、サウンドハウスや石橋楽器が便利です。

サウンドハウス

サウンドハウスは楽器関連の通販サイトの大手です。ベリンガー、Carvin、Celestion、TC Electronicなどの代理店も務めており、品ぞろえが非常に豊富です。通販専門だけあって、機材を通販で購入する場合は非常に強いです。

サウンドハウス

石橋楽器

イシバシ楽器は、品最大級の楽器専門店です。実店舗を多数持っていることもあり、中古商品の在庫が非常に豊富というのも強い点です。価格を抑えたい場合は一度チェックしてみるのも良いと思います。

-マルチエフェクター

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA